商品・サービスを通して人々の時間短縮・効率アップを提供したい


そんな思いから立ち上げました

近年、社会の変化や時代の流れなどから、いろいろな仕事が増え、働き方も変化が起こっています。 大手の会社でも副業が認められたり、残業時間短縮が進められたりなど、その流れはさらに進むと考えられます。 そのような中、人々も変化に対応していくことが求められます。 それにより多様化する働き方や生活に対応していくこと、生産性を高めることへのニーズが高まると考え、 そのニーズに合った商品・サービスを提供するために立ち上げました。


段取りで「明日の自分」をアップデート!


Step by step.For a better life.

「段取り」の意味を辞書で引くと、”事を運ぶための順序。事がうまく運ぶように、前もって手順を整えること”とあります。

もう少し具体的に考えますと、自分がやりたいこと・やるべきことを、目的に沿った形でうまくゴールに到達できるよう事前に準備を行うと解釈できます。 このように分解して考えたときに、段取りを行う上で重要なポイントは3つあります。

  • 自分のやるべきことを明確にする。
  • 目的・ゴールのイメージを明確にする。
  • ゴールまでの達成イメージを明確にする。

段取り達人では、この3つのポイントを押さえたシステム手帳リフィルをはじめとして、システム手帳カバーやその他革製品、卓上カレンダーなどのビジネスマンに必要とされるアイテムを提供していきたいと考えています。


段取りよく仕事をしたい、もっと効率よく生活できたら良いのにとお考えの方は多いのではないでしょうか。

段取り達人は、堅実に人生を積み上げていきたい人が生活を効率よく段取りでき、 さらにデータまできちんととって価値を追求していくブランドです。

商品を作って届けるだけではなく、本当に商品がお客様に役立っているのか、もっと役立つように改善するにはどうすればよいのか、フィードバックを得るためにも、お客様とのつながりを大切にします。

そして、お客様が段取り良く生活でき、毎日アップデートできたら、そんな幸せなことはありません。


段取り達人のモノづくり


段取り達人のモノづくり

実際の利用シーンを想像

段取り達人の商品は、お客様が実際に使用されるシーンをイメージしながら考えられています。それは、答えは必ず使っている現場にあると考えているからです。

お客様はどんなときに、どんな目的でどのように使うのだろう。どんなことを期待して商品を選んでいるのだろう。そんなことを常に考えています。 そして、私達がお客様にどんな価値を提供したいのかというメッセージを価値に変えて商品として届けています。



持ち物はプロフィール

何かものを購入するとき、選ぶときにはその人の考え方や価値観が反映されるため、その人が持っているものはその人を表すプロフィールのようなものだと考えています。お客様の持ち物年表に、私達の商品を加えていただいたとしたらとてもうれしいです。その期待いただいた役割を果たすべく改善していくことが使命だと考えています。



お客様のお客様の視点で考えてみる

モノを選ぶときには、多くの場合、自分の好みや求める機能などがポイントかと思います。私達が提供している商品は、家でしか使わないというよりも、会社や仕事場など、他の方に見られることがよくあることを想定します。

具体的にどういうことかと言うと、私達のお客様がシステム手帳をクライアント先で使っている場合、そのクライアントはどう思うのか・感じるのかという視点です。単純に「普通だな」と思うのか、それともなんか「こだわっているな」と思うのかでは大きく違います。例えば、新規営業をしている人にとって、持ち物は相手の記憶に残るための印象づける装置であると言い換えることができると思います。持ち物について尋ねたときに、それについての説明や購入に際してのストーリーなどを話すことができれば、お客様の印象も変わってきます。

この人は、いろいろとこだわってモノを選んでいるだな、きっと仕事に対しても同じなんだろうなと印象づけることにもなるかもしれません。 私達の商品をもつことによって、お客様がより信頼感をもってもらえたり、コミュニケーションの切り口になったりすることも期待しています。




ブランドマネージャーメッセージ


「段取り達人」ブランドマネージャーの城森と申します。

私は以前、目標達成できない日々が続き、どれだけ残業をしても挽回できず、常に不安とともに仕事をしていました。 目標達成でき、計画通りに仕事を終えることができれば、どんなに仕事が楽しくなるだろう、自信を持てるだろうと考えていました。 そんなときにもシステム手帳を使っていましたが、もし使っていなかったらと思うとゾッとします。


近年、社会の変化や時代の流れなどから、いろいろな仕事が増え、働き方も変化が起こっています。 大手の会社でも副業が認められたり、残業時間短縮が進められたりなど、その流れはさらに進むと考えられます。 そのような中、人々も変化に対応していくことが求められます。 それにより多様化する働き方や生活に対応していくこと、生産性を高めることへのニーズが高まると考え、 そのニーズに合った商品・サービスを提供するために立ち上げました。

商品を通して、仕事がうまくいかない方の不安や痛みを取り除けるよう努めていきたいと思っております。

そのためにも、たくさんのフィードバックをいただきたいと思っています。宜しくお願いいたします。




段取り達人 are


Brandmanager 城森拓也

Check our fanpages:

Suspendisse vitae morbi ultrices mi fusce nulla maecenas semper tellus.